読む毒

9歳の女児です。東京大学理科1類を目指して浪人をすることになりました。このブログを読むとあなたの貴重な時間が消えます。

2017年8月14日 頭痛雨回転体

ブログ書きました。こんにちは

8月9日は僕の誕生日だった。

 

違います。今日は雨だった。雨に負けたくない蝉が鳴いていた。生殖生殖生殖、

死んだ蝉は蟻に解体される、仕事のように列を作って、

 

ねこじゃらしのような雨がしっとりと全てを洗い流していく。(さわさわ'傘に溜まる水滴が重みを増して、ビニール越しに世界を睨む(さわさわ)

f:id:All_is_vanity:20170815010554j:image

濡れている花、かもね(どうだろう?)

 

長靴、黄色い小さなレインコート、母親、買い物と膨らんだビニール袋、水たまり。空と雲。雨の日の子どもたち

 

f:id:All_is_vanity:20170815011349j:image

私は生返事をして席を立った。ここはどこだろう?窓、曇りガラス越しに夏が見える。乱反射するガラスが外をぼかすのだ。(そうだっけ?)

どこだろう(暑い()    何もわからない。

違います。何もわかりたくないだけ。

本当は現実のことを知っている。自分が自分であることを知っている。世界が世界であることを知っている。自分が自分であることからは逃れらない。

いつからか僕たちはだらしなくだから眠剤を流し込んで意識を消すことにする。デパス、安くはない。金もない。デパスは効かないし死なないから全部飲んでしまおうと言った女の呂律はまわってなかった。おれの答えはこれや(正解)

 

f:id:All_is_vanity:20170815012007j:image

ねこ静止場の

植物園にいるような穏やかな気持ちで

雲に似た疑念が、(太陽がある

それすらどうでもよく(何かがうずくまっている)

眠っているのでした。(歩く

 

f:id:All_is_vanity:20170815012216j:image

 階段 窓 カーテン 夏夏 世界世界 感情感情 言語言語

 

 

いや、どうだろう?これではすぐに全て終わってしまう。この調子で今までどれだけ無駄にしてきたのだろう。「分からん」やめろ。■■をしたら僕の人生すべて終わった!人生に期待してたこと全部忘れた!ラムネ瓶のなかから出られないガラス玉のように。何をしている?わからない。

f:id:All_is_vanity:20170815012405j:image

外延と内包。しとしとと浮かんでいるので、嫉妬?やわらかい葉の重みとなる」

 

横浜大世界らしいよ(本当か?)(いずれわかるだろうか)

f:id:All_is_vanity:20170815013247j:image

意外だな。拗ねるのかと思ってた。えらいよ。えらいえらい。いや、そうかごめんね。そうだね、うん。もっとはやく言えばよかったね。ごめん。そう。眠い?寝たほうがいいよ。明日は…、うん。そう、わかった。おれは大丈夫だから。じゃあ、やく寝なさい。うん。おやすみなさい。おやすみ。

 

f:id:All_is_vanity:20170815014545j:image

人が歩く____ (歩いてます)

当然か、月曜日だけど多い

がやごや

多いね (月曜日だけど多い)(歩いてます)

あっ 中華料理のにおい

がやごや

ペットボトル、ゴミ、タバコの吸殻、紙きれ、潰れた空き缶、タバコの吸殻、吸殻、紙きれ、吸殻、

がやごや

(歩いてます)

うしろ

(歩いてます)

がやごや

がやごや

がやごや

がやごや

 

f:id:All_is_vanity:20170815015229j:image

で鎖加群と境界作用素を定式化したので証明が計算で済む。∂_n(z)=0となるようなn鎖zをn-輪体という。

自転車自転車自転車自転車自転車自転車自転車これもまた自由加群をなしており,n境界加群と呼ばれる。

 

f:id:All_is_vanity:20170815014740j:image

寝れないな。枕元に本がたくさんあるのは比較的に邪魔だと言える。ペンギンはピカチュウではない。ベッドの上が本だらけだ。ガサガサとする。明日はやくおきたら片付けよう。昼に起きたら仕方ない、諦めよう。目覚まし時計が鳴らないように今のうちに、消しておく。いつからか僕たちは

 

 

f:id:All_is_vanity:20170815020124j:image

ゆれる。海にこのまま沈んでいけたら体の重みがなくなって楽な気がする。歩かないし

海の底から海面を見る。ひかりがゆれる。泡、泡泡泡、あわ、泡。

海の底はあんまりきれいではなかった。しかたないか ぬるいし 小さな魚 銀色 

付き合えないよ、こわいからね。好きにはなりません、こわいからね。いつからか僕たちはだらしなくなった。生臭い魚の匂いも海の中ではしないからね。

 

 

f:id:All_is_vanity:20170815020824j:image

赤いしあつい。オススメではない。あついし(手、血、肉)赤い

 

 

靴下の村に来ました。ここはいなくなった靴下が集まる村で、今日は人間も読んでお祭りをしています。よく見るとわかるけれど、この人たちは全員ヒアリです(よく見てね。) 

f:id:All_is_vanity:20170815020852j:image

 

靴下の休みはすごく長くて、人間からすると二度と帰ってこないかのように見えます。それもそうで、靴下の休みというのは100年単位なのです。どうしてそんなに休むのかというと、靴下は毎日窮屈でくさいところで人間に踏まれる過酷な仕事だからです。

 

f:id:All_is_vanity:20170815020922j:image

お気づきでしょうか、靴下の祭りでは嘘を干します。嘘を川で洗い流して、平たく押し伸ばし、布のようにして干すのです。ずっと後悔していた嘘、保身のための真っ赤な嘘、インターネットでの嘘、お金のための嘘、驚かすための嘘、その場しのぎの嘘、軽い嘘、見返すための嘘、見栄を張った嘘、大事な人を傷つけないための嘘、恋人をたぶらかすための嘘、自分を騙す嘘、荒唐無稽な嘘、残酷な本当を隠すための嘘、嘘に嘘を塗り固めた嘘、…そういったものたちを集めて洗ってきれいにするのです。夏の日差しで嘘はあっという間に乾いて、きれいになります。乾いた嘘からは、コインランドリーで乾燥したほかほかの洗濯物のような、ねこの毛並みのような、蒸したトウモロコシのような、ほっこりとした匂いがします。どうして嘘を干すのかは起源が判明していませんが、きっときれいだからだと思います。

 

 いつからか僕た

f:id:All_is_vanity:20170815020724j:image

嘘くさいね。何を聞いてる?遠い人影が回転し、いやゆるやかに、鉄骨は伸び折れ曲り伸び折れ曲り伸び折れ曲り

中心から、等距離に拡散して増殖する鉄の枝と枝とが

頭痛雨楕円回転体はい痛いね双対性

 

存在しないぼくの脳内ディズニーランドが存在している回転密室、高度365°いいえ点滅するコンクリート直方体を見

蒸しあつい密室

つまらない文章でしょう。街が点滅する完全な 夜に飲まれ夜に沈んでいるが光が確認するようにきらきらと遠い瞬間、瞬間にきらきらと

「みんなを愛したい」と涙が出そうなくらい思いました。

青だね鉄骨がきれいだ19:59

本能が、私のいままでの感情、理性を喰ってゆくのを見るのは、情ない。

きみの心配は心配している自分をアピールしたいだけで、すごくけむったい。

ゆるやかな周回を繰り返し365°位相空間そのそれは人の一生のような死にゆくだけのユークリッド不変量

本能の大きさ、私たちの意志では動かせない力、そんなことが、自分の時々のいろんなことから判って来ると、気が狂いそうな気持になる。

回転する種数2のトーラス

あるいは微分同相に

生殖は呪いだと

生殖と生存のパレード

ここでは踊って曖昧になることが推奨される

全ての間違いは一過性のものだと認められる

人が人へ遺していく全てがこわい

 f:id:All_is_vanity:20170815020742j:image

 ね、存在しない。嘘をついている。まだ覚えている?気にしていない。気にしていないと言い聞かせている。こんなにかっこ悪い自分では嫌だから、気にしてないと言いはるのだろう。そんなことを言っていても意味がない。響かないから知っていて隠し持った言葉を忍ばせて返事は曖昧に、曖昧に、嘘はつかない曖昧なだけで。溶けているからね。いつからか僕たちはだらしなくなった。ぼくが君を忘れるためにした努力、全部無駄だったね。 丸く肥えた、自意識ブランコ

 

 

 

 

 

 

 

 

写真とったひと

http://instagram.com/1ox4

 

 

ぼくは知りません。なにを言っているのか全然分からない。