読ん毒

9歳の女児です。東京大学理科1類を目指して浪人をすることになりました。このブログを読むとあなたの貴重な時間が消えます。

2017年4月2日 出家・ホームレス・自殺

こんばんは。

 

『出家・ホームレス・自殺』

 

これが何だか分かりますか?

僕に残された人生の進路です。今月中に具体的な行動を起こさなければならないところまで来ている。今日はそのことについて、順を追って話そうと思う。まずはこれらの選択肢について考えるところから。

 

 

さて、出家。出家するなら寺はどこがいいのだろう?

Gautamaは偉大だ。二千年以上かけて歪んできた彼の教えを日本で請うことにするのも良いだろう。二千年前に死んだ人間に、人生の光明を求めるのだ。

出家でググると、清水なんたらと幸福の科学のニュースがわんさか出てきた。幸福の科学仏教ではないのだから、出家ではなく入福とかそういう言葉を使えばいいのに。本当に仏教に出家したいひとの邪魔になるとは思わなかったのか。

 

ホームレス。ホームレスはどうだろう?

最低限として、食事と家と、勉強する時間は確保したい。スマホもあれば何も言うことはない。

ホームレスでそれをどう確保するかは検討がつかない。これはダメっぽい。

 

自殺は、自殺はどうだろう?

意外と死んでみたら天国があって、良いところかもしれない。

大きな図書館があり、そこは静寂で、学生しかいない。私は本を数冊とって席につく。天井の窓から心地よい日差しがある。

ポケットからイヤホンとスマホを出して音楽を聴き始める。

時間を忘れ勉強をする。ノートに文字と計算式が埋まっていく。天国なのでシャーペンの芯は折れない。手も疲れない。ふと休憩を思い立って、ロビーへ降りる。そこには司書さんがいて、お疲れ様ですと紅茶を淹れてくれる。持ち帰りたくなるような上品なティーカップだ。司書さんが紅茶を淹れる訳がないとか考える必要はない。天国だから。

閉館は21時。外は暗く、私は自転車をこいで家へ向かう。

途中でスーパーマーケットに寄る。食材を買い揃える。夕飯を買うには遅い時間だ。周りには仕事帰りらしいスーツ姿のサラリーマンが多い。食材もところどころ売り切れているが、その中で最善なものを判断して選び取る。

自宅に着く。天国で私は一人暮らしをしている。静かさだけが友達だ。静かさは私に話しかけてこないし、何もしてこないのが最大の魅力だ。

冷蔵庫にいくつか食材をしまう。残りはキッチンに残しておく。私は35分かけて料理を作る。25分をかけて完食する。食器を水に浸しておき、デザートを食べながらスマホをいじる。15分したら食器を洗い始めよう…

 

天国は良いところだな。行きたくなってきた。死んでないのに君は天国がないとどうして言えるのだろう。天国に行きたい。

 

でも天国に行ける保証がなかった。地獄は嫌だ。地獄ではクレーマー客がわんさかやってくる。地獄では話の通じない無能な上司の下で働かなければならない。職務内容も極めて無味単調である。そしてどんなに真面目にやっても社債は増えるし、上司は無駄なイベントで金を飛ばす。

 

 

 

こんなくだらない話を始めたのには、それなりに訳がある。家を勘当されたわけではない。

 

知ってる通り、私はいま浪人生活をしていて、実家が生活保護を受けている。

 

生活保護では18歳の私は今月から一人暮らしを始めなければならない。それが決まりだ。

一人暮らしをせず、つまり実家で暮らすことを選ぶ場合は、就職が必要条件となる。バイトではダメで、就職ならO.K.

 

浪人生活をしている以上、就職というのは選択肢として悪手であり、労働をするとしても今まで通りアルバイトをするのが良いだろう。

 

けれど、アルバイトでは実家暮らしが認められない。

というわけで、アルバイトをしながら新居を構える必要があるのだが、浪人バイトで家賃を払うのは重い。

理想は居候、あるいはシェアハウスとかルームシェアの形が良いだろう。 

 

とは言っても4月になって探し始めたところで、(というか一年中いつだろうが、)条件の良い居候先やルームメイトなんてものは見つかり難い。

 

というかあんまり労働したくない。

 

上記より労働路線が詰んでいることが分かる。

残された手段は、出家・ホームレス・自殺というわけだ。そんな話を親としていた。

 

というか国益のために浪人してまで勉強してるのに、どうして私は困窮に迫られているんだ。1浪までなら生活保護してくれよ。来年には東大生だぞ。

そのへんの浪人と違ってシローの定理くらい分かるんだぞ。群論舐めんな。(群論分からないけど。)

当然のことながら、頭が良ければ浪人なんてしないので、浪人したやつのために国益を削る必要はない。

社会に通用しないことを吠え続けていても仕方ない。人類はまだ1浪の保護に追いついてない。

 

出家・ホームレス・自殺の選択を早いうちに決断する必要がある。私のような社会不適合者は皆さんのためにさっさと死んだほうが良いと言われるだろう。至極真っ当な意見だと思う。

 

私としては真っ当な意見に反対し、なるべく少ない労働で生活費を賄い、勉強をして生きたい。理想を言えば誰かに経済的依存をした形で生きたい。出世払いでどうにかなりませんか。

 

なんてことを言ってられる時間すらもう無いんだ。次の水道代を払うときまでに具体的な手段を提示しなければ、我が家の水道は止まるかもしれないし、住所もなくなるかもしれない。

 

具体的な手段とは、何度も言ってる通り、出家・ホームレス・自殺だ。

最も無難なのは…

 

 

ロックでやってくか。