読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む毒

8歳の女児です。東京大学理科1類を目指して浪人をすることになりました。このブログを読むとあなたの貴重な時間が消えます。

2017年3月29日 けものフレンズ、再考

けものフレンズが最終話を迎えた。良い話だったな。見れて良かった。生きてて良かったな。

 

今日は『けものフレンズ、再考』なんて仰々しいタイトルをつけたけど、けものフレンズの話はそんなにしないし、いつも通りの日記だから、そこを注意してほしい。時間を無駄にしたくないなら、引き返すのが賢明だ。机に向かって、勉強をしなさい。僕はしない。


けものフレンズは良い話だった。えーと、何を良いと思ったのか、それを書いていくか。


まず話の工夫、つまり”伏線”といわれるストーリーの対比構造とか、人間の能力を問い直す話が良かった。この辺はツイッターやってれば見飽きるほどタイムラインに流れてくるだろうから今さら掘り下げるつもりもない。

 

えーとじゃあ他に何があったか。
出会い、友情、別れがあって美しかった。


それから、協力、絆、愛、助け合い、そういうものがあった。うむ。そんな感じ。


僕らはどうして、友情とか絆とかそういった、人と助け合うこと、人と愛し合うこと、人を救うこと、人のためになることを”美しい”とか”良い”と捉えるのだろう?

 

単に僕らはそれが欲しいと思うから、というのもあるけれど、もっと根源的には”そう思うように出来ているから”と言えると思う。

 

つまり人間が持つ社会性を強めていくために、本能的に他人と助け合うことを良いことだと思わされている。脳によって。

 

人間は、同じくらいの体格であるチンパンジーと殴り合って普通に負けるような体力しか持ってないけれど、社会性と知恵で今までどうにかやってきたことはみんな知ってるだろう。

 

それだけ人間にとって社会性というものは大事で、つまり人間は助け合いとかを強いられて生きている。大変ですね。

 

何の話をしてたんだっけ。


友情は美しい、愛は美しい、生殖は気持ち良い、人間は素晴らしい、そう思うのは人間がそう思うように出来ているから、だから人間は美しいみたいな話をしていた。

 

だから、明日から僕も皆んなも、人間は美しいの精神で生きていこう。異を唱えるやつは気にすんな。人間は美しいよ。話は終わり。マジで何の意味もないことを言ってるな。これこそ読む毒らしい。あなたの時間を蝕んでいる。

 

そういえば皆、犬や猫がどうして人間と一緒に暮らすようになったか知ってる?これについてもそこそこ面白い話がある。

 

イヌは昔はオオカミだったが、そのオオカミがどうして人間と暮らし始めイヌになっていったのかというと、これにはオオカミのもつ社会性という性質がすごく関わってくる。オオカミは6〜8匹の群れで、連携して狩りをしていた。連携のためには人間が会話するように、オオカミ同士での意思疎通が必要になってくる。
そのオオカミ同士での感情表現を、人間も同じように迎合して理解できたから、人間とオオカミはある程度協力し得たわけだ。もちろん狩りと餌という報酬の利害一致の形があってこそだが。

 

ネコの場合はイヌとは全く違う。人間が稲作を初めて、コメや麦を倉庫に貯めるようになったとき、コメを食い荒らすネズミが邪魔者になった。そのネズミを狩ってくれることにネコは存在意義を見出された。それと、見た目の可愛さが意味を持っている。

 

絶滅危惧種の動物では、見た目が可愛いほど保護費に当てられる基金が集まりやすいという統計結果があるらしい。人間が恣意的に救う対象を決めているのは面白い事実だと思う。

 

このへんの話は長くなるので詳細は元気のあるときにする。今は眠い。


けものフレンズが終了して、まもなく公式が続編の情報を出してきた。


きっとけものフレンズが終わったことで自殺する人が出ないようにするためだろう。


でもそれだと、けものフレンズは永遠に続かないといけないのかな。聖書も二千年間続編が出てきたし。


今日は何したっけ。


朝起きて、哲学的ゾンビというウィキペディアの記事を見ながら朝食のカップ麺を食べた。朝と言っても14時46分だが。

 

行動的ゾンビはまだ分かるんだが、哲学的ゾンビについてその意味を理解するのは難しかった。

それから、クオリアの記事を途中まで読んで放置した。

 

17時くらいになって、出かけた。


書店で『サピエンス全史』を流し読みしていた。ほとんど読んでないけど、途中で共産主義は宗教だと言っていたのが面白かった。マルクスが宗教家だったことを知った。

 

面白そうだと思った本は、忘れないようにメモする。メモしたらいつか見返せる。見返して、機運があれば買う。

 

メモに名前が積もるだけになるんじゃないかって?それはただの怠惰だ。怠惰の解決方法は努力しかない。そして僕は今のところ怠惰だ。

 

店についてコーヒーを飲みながら、けものフレンズを見直して勉強するつもりだったが、ずっとけものフレンズに見入ってた。


友情は美しい、けものフレンズは美しい。救い合いは美しい。けものフレンズは宗教だな。

 

ブックオフで適当に小説を買った。


ツイッターで「あなたの人格に影響を与えた本ベスト10」みたいなタグを見て、私は何だろう?と思ったけど、該当するような小説が10つも思いつかなくて、本を読みたくなったから。

 

三島由紀夫潮騒とか、安部公房砂の女とかを買ってみた。また散財してしまった。買ったからにはきちんと読まないとな。


家に帰ってから、東京喰種:re 10巻を買ったまま放置していたのを思い出した。
流し読みしたけれど、お腹が空いたので中断した。朝からカップ麺しか食べてない。

 

夕飯は魚介類がメインだった。
僕は魚の刺身でご飯を食べるのは無理だと、もう6年くらいは言ってるのだが、僕の話を祖母が聞いてるはずもないので、テーブルの上には赤やオレンジや白い色をした魚の肉片や、タコとかイカとかの肉片が飾られていたけれど、ほとんど手につけなかった。用意してくれるだけありがたいと思わなければならない。
と言っても、20時から夕飯を作り直す気力もなかったので、ほとんど白米だけを急き立てて食べた。

 

それから入浴して、漫画の続きを読み、今に至る。お腹空いたなあ。コンビニ行くかなあ。でもクソ眠いんだよなあ。栄養失調で死んだらどうしよう。今んところありえそうな死因ランキング1位だ。成長期なのに1日1食相当を半年くらいやってる。わりとヤバイなと思う時期が何度かあり、そういうときはちゃんと食べるようにしてきたが、気を抜いたら本当に倒れて死ぬかもしれない。

 

 

ツイッターで僕が作った問題、
” sin3の値を求めよ ”がちょっと話題になっていたけれど、ぼく自身答えを知らないので申し訳なかった。

 

sin1やsin3は代数的超越数であったので、表現するのは少し難しそうな気もするが、級数表示をいじくっていけば、いい感じに収まってくれたりしないのかな?それを確かめる気力は僕にはない。

 

もう眠いので今日は寝たい。

 

昨日は金曜日にミュシャ展に行くといったが、ウェアハウス川崎店という九龍城みたいな場所に行くことになった。ミュシャ展は今度の楽しみになる。

 


オススメの音楽:


COOL&CREATE - 人間が大好きなこわれた妖怪の唄

 

https://m.youtube.com/watch?v=EfOvFVWAeec