読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む毒

8歳の女児です。東京大学理科1類を目指して浪人をすることになりました。このブログを読むとあなたの貴重な時間が消えます。

2017年3月22日 野毛山動物園

今日は記すべき話題がいくつかある。

けものフレンズ11話、野毛山動物園、中央図書館、犬食の是非について…など

 

けものフレンズ11話については放送直後から感想や指摘、考察など様々なものが並んでおり、来週までには書き上げたいが取り立てて急ぐ必要もない。

 

犬食文化という話題については、何故このような話が出たのか含めて長い記事になるので後日にしたい。

 

というわけで今日は野毛山動物園に行った感想をメインに話そうと思う。

 

野毛山動物園とは神奈川県横浜市西区にある動物園である。

特徴として入園が無料であることが挙げられる。無料はすごい。

かつてはライオン、キリン、シロクマ、ゾウなど人気の高い動物がいて「いないのはジャイアントパンダくらい」とも言われていたらしいが、現在では多くの動物が1999年にできたズーラシア動物園へ移動されていて小規模なものとなっている。

 

 

行ってみた感想を結論から言うと、

『お金を払ってズーラシアへ行こう!』

 

 

これに限る。

 

ズーラシア野毛山動物園では管理運営している団体が同じなので、ズーラシアに行って入園料などを払えば、結果として野毛山動物園にもお金が入る。

というわけでお金がある人はズーラシアに行くことを推奨する。

 

 

ここからはざっくりと動物を紹介していく。

4時に寝て10時に起きたので正直もう眠い。書く気力がなくなってきた。

 

野毛山動物園

 

何がいたっけな。

 

えーと、レッサーパンダがいた。かわいい。

f:id:All_is_vanity:20170322222533j:image

 

それから、チンパンジーが体育座りで人間をじっと見ていた。かわいい。

f:id:All_is_vanity:20170322222639j:image

 

トカゲ寝てる。かわいい。このトカゲなんて言うんだっけ、尻尾に栄養貯めるやつ。なんだっけ。

f:id:All_is_vanity:20170322222731j:image

 

これはフンボルトペンギン。かわいい。

f:id:All_is_vanity:20170322222758j:image

 

これはペンギンの餌のアジの死体。かわいい。

f:id:All_is_vanity:20170322222842j:image

 

これはキリンさん。デカい。ヤバい。さすがにデカすぎる。恐竜かよ。かわいい。

f:id:All_is_vanity:20170322222927j:image

 

 これはワニ。口開けてるけど、意味がないなら閉じたほうがいいよとアドバイスしておいた。かわいい。

f:id:All_is_vanity:20170322223036j:image

 

おわり。

他にもライオンとかコンドルとかいた。フクロウなどの猛禽類鳥インフルエンザのために今は展示してないんだとか。

 

今回どうして野毛山動物園に行ったのかと言うと、金がないから無料で入れる場所が良かったと言うのもそうだが、

何よりけものフレンズ11話を見て精神が乱れたので、心を落ち着かせるために散歩に行く必要があったからだ。

 

本当は多摩動物公園にいってサーバルキャットが見たかったけどそれは次回にしよう。

 

それと、野毛山動物園には10年以上行ってないので、昔と今でどれだけ違うのかなと興味があった。

 

幼い頃は動物園は広くて魅力的なものに見えたけど、大きくなった今行ってみると「大学のキャンパスのほうが全然広いなあ」と思える大きさで、園内を回り切るのに時間はかからなかった。

 

それから、放し飼いになってるインドクジャクの白変種に会えなかった。

 

動物園にはカップルや子連れが圧倒的に多かったけど、私も恋人(虚無川)と一緒にいたので問題はなかった。

 

動物園の帰りに中央図書館に行った。

デカくて迫力のある建物のなかに、人と本棚がいっぱいに詰まってると考えるとすごいなと思う。

 

勉強机の空き席が1つしかなく、同じタイミングで空き席へやってきた女子大生に譲ってしまったのでテーブル席に座った。

テーブル席は晒し台みたいになっていて勉強する気にならないので、後ろの棚にあった数学セミナーの11月号を読んでみた。

そこでは測度論の紹介がされていて、とりあえず僕は測度の定義までを読んでみたのだがなかなか面白かった。

 

測度という概念を想定したときに、それが満たすべき性質を要請し、定式化してその働きを確認するという形で導入が行われていた。

想定した概念に対して、定式という肉付けをし、その動作確認をするという過程はなかなか楽しいなと思うのだが、みんなはどうだろう。

 

久しぶりに数学の面白さを感じた気がする。受験数学の問題をずっとやってると正直に言って気が狂う。面白くない。

 

受験数学というのは、ミスと時間と記憶と定石と技巧と反射と手首と鉛筆と紙と時間と記憶と暗記とミスとミスとミスとミスとミスと時間と紙と暗記とミスと定石と記憶と暗記とミスとの戦いになる。気が狂う。

 

とは言っても、そんなことを言ってるのは僕くらいなもんで、だということは単純に僕が数学に向いてないだけなんだな。時間制限なしにずっと考えたりするのは比較的に好きなんだけど、それはきっと誰もがそうなんだろう。

僕が向いてないだけ。残念だ。

 

それに浪人生の僕は、あと1年間はそれと向き合わないといけないわけで、面白くないとか言える身分ではない。

 

今日はこれで終わり。

 

 

おまけ:オススメの音楽

 

清塚信也 - 代償

https://m.youtube.com/watch?v=aJooZS1DENA

火曜日(3月21日)の『マツコの知らない世界』に清塚信也さんが出ていて、番組の最後にメドレーを弾いていたのを聞いて、この方の演奏が気になって調べてみたところ見つかった曲。迫力がありドラマティックな曲だと思った。