読む毒

9歳の女児です。東京大学理科1類を目指して浪人をすることになりました。このブログを読むとあなたの貴重な時間が消えます。

2017年3月19日 無生活

今日は何もしなかった。明日もきっと何もしない。数学的帰納法で死ぬまで僕は何もしない。

   

太陽が西に沈むときカーテンに差し込む夕日で目覚める日々が続く。

春になれば日照時間が長くなるから、この生活も良くなるか?

 

春になれば、夏になれば、秋になれば、冬になれば、来年になれば、大人になれば、賢くなれば、強くなればと僕らは仮定法を重ねていく。仮定法を重ねて何かになれるか。

未来になれば、きっと分かる。

 

最近LINEが面倒くさい。

相手の気分を読んで、最もそれらしいセリフを導き出して、それを言う。

その報復を続ける。何日も何回も。

でも、誰かからの未読メッセージがないと世界の誰とも関わりを持ってない気がして落ち着かない。だから僕はLINEを続ける。

LINEが楽しいツールだった中学生の頃に戻りたい。もちろんこんなことは本気で言ってない。

 

Twitterで数学の話をするとき、「これを言って何になるんだろう」と思うことが多くなってやがて数学の話をしなくなった。数学の話をしなくなって、やがて数学の勉強もしなくなった。そんな気がする。

いつからかTwitterでは自分も他人もどうでも良いと思うような内容しか呟かなくなった気がする。

自分が考え抜いたツイートに評価がつかないのが嫌だから、何も考えてないツイートしかしなくなった。そんな気がする。

 

それではダメだと思う。たとえコメントが無くても僕はブログを続ける。いいねがつかなくてもツイートを続ける。評価されなくても数学を続ける。褒められなくても人生を続けなくちゃいけない。

 

物事を続けられる人間にならないといけない。それを続けて僕は何になる?何のためにそれを続ける?分からない。

生存にはアプリオリな意味が与えられていない。

 

コンビニでコーヒーを買うときに何も喋らなかった。お疲れ様です、とかそういう言葉が出せる人間になりたい。終わり

 

追記:今日のオススメの音楽

 

Earth, Wind & Fire - September

https://m.youtube.com/watch?v=OIxncUhEwuc

 

音楽はすごい。音楽を聴いてる間は楽しい気分になれる。音楽を聴いてる間は他のことを忘れられる気がする。

音楽は最も簡単に現実逃避ができる武器だ。