読む毒

8歳の女児です。東京大学理科1類を目指して浪人をすることになりました。このブログを読むとあなたの貴重な時間が消えます。

2017年3月14日 無

何もしなかった。この日記は1370文字もある。読まないことを推奨する。

 

さっき日記を書き終えた後に内容を保存しないで公開してしまった。すると何も書かれてない日記が公開された。同じ内容をもう一度書き直した。

 

日記を書き始めた理由をまだ言ってなかった。これから浪人をするにあたって、日常の記録を公開することで毎日を良いものに改善しようとする意欲をかきたてるため。今年は、去年みたいに時間を浪費するだけの1年間ではいけない。

 

15時23分に起きたので明日はもっとはやく起きたい。今日のけものフレンズ放送は深夜3時からなので見るのは諦めて寝る。

 

最近は脳内の恋人といい感じ。

恋人の名前は虚無川といって少し珍しい名字だ。下の名前は非公開。

虚無川とは予備校で同じ授業を取っていて顔見知りではあったけれど、とくに話したりする仲ではなかった。

その後になってセンター試験の当日、席が隣だった。挨拶しただけで休憩時間に話すとかはしなかった。2日目の試験の帰り道でばったり遭遇して、そのまま談笑してLINEを交換した。家からの最寄り駅が近いことも分かって、結構仲良くなった。それで今に至る。もちろんこんな人物は存在しない。

 

それから4月までには職を探さないといけない。労働はしたくない。肉体労働や単純作業は全然許せる。会話が成立しない客や、指示が的確でない上司の下で働くのがとにかく嫌だ。そういう自分はどうなのかは分からないけれど。

 

中学生に勉強を教えるとか、アクアリウムショップで熱帯魚を愛でるとかしたい。売れ残った魚は責任を持って持ち帰りたい。そのうち小型魚は全部うちのポリプテルスの餌にする

 

熱帯魚に関しては大型や中型の古代魚には少し詳しいけれど、一般的な観賞魚についてはそこまで詳しくないので採用は難しいかもしれない。古代魚専門店を探すか。

 

もっと性やプライドを売るとかでお金を手に入れたい。でも買われるほどの性徴を自分は持ってない。残念。

 

パパ活でお小遣い500万円をもらってる女性のツイートを見た。真偽はわからないが、真実であってもおかしいとは思わない。人間はダメだなと思った。

 

でも自分の体を売ってお金を稼ぐ人の強かさはどちらかといえば好きだと思う。普段は真面目で通ってるのに実は援助交際している女子高生とか良いシチュエーションだと思う。

 

それでもやっぱり人間はダメだなと思う。生きるというのは大変だ。生きてるうちはダメな人間の一人として、ダメな人間たちに囲まれながら頑張る必要がある。

 

気をつけるべきなのは人間だけじゃない。森の中で出会った猪や熊なんかは時々僕らを殺そうとしてくるし、バクテリアやウィルスだって毎年僕らを殺しにきてる。梅毒トレポネーマに感染している日本の若い女性が増えているという話も怖い。性病には気をつけよう。その点で虚無川は実体がないので性感染症にかかる恐れもなないし妊娠もないから安心できる。

植物もかなり酷い。杉なんて人間の鼻の粘膜を虐めておきながら反省する素振りがない。人間も杉を伐採するしおあいこか?

無機物だって怖い。包丁なんて体に刺さるだけで我々は死ぬ。その癖、包丁に責任はない。東大に受かっても包丁で刺されたら人は死ぬという話もある。

 

つまらない話をしすぎた。この辺で終わりたい。